いまはこっちにいます。→http://piyopiyokattie.blogspot.com/


by piyopiyokattie
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
C-teamという、バナー広告をクラウド(=みんな)に作ってもらえるサイトが
なにやら話題になっているようです。

c0183307_12412155.jpg


(ロケスタ社長日記さま)
C-teamで作るバナー広告の効果がスゴすぎてひいた話

(ネタフルさま)
バナー広告をクラウドで作ってもらう「C-team」がとてもスゴイらしい

(ホームページを作る人のネタ帳さま)
C-team式バナー戦略はGoogle式と似ているし、ソーシャルバナーと言う新広告でもある


クライアントが要求するバナーをみんなで作り、
審査を通過したクリエイティブをすべて掲載。

掲載中はクリック率に応じて、各クリエイティブの表示回数が変化し
掲載終了後に表示回数の多かったクリエイティブ製作者に
ポイントという形でお金が入る・・・

c0183307_12412859.jpg


簡単に言うとそんなかんじ。



みなさん仰っているように、デザイナーが

「これはイイ出来!」
と思ったバナーでもクリック率が悪かったり、逆に

「ひどいだろこれ・・・orz」
と落ち込んでしまうバナーがめっちゃクリックされたり

クライアントの目標と、デザイナーと、ユーザーの間に
意思決定に至る個人的社会的なバックボーン
(つまり想像。「きっとこういうことでしょ」というもの)が挟まれている以上、
何がよくて何がだめ・・・ということは単純に言い切れないものがあります。


だったらいっぱいパターンを作って、ユーザーに選んでもらえばいいじゃん

という発想はおもしろい。
リクルートってやっぱすごいね。
雇用面接で
「御社をステップとして将来的にはこれをやりたい」
という、普通NGワードとされる発言を
逆に「しない」ひとは採用しないんだと。


で、このC-teamですが、
クリエイティブを制作するユーザーの半分はプロ、半分はアマ
という構成になっているそうなので

早速私も登録してみました。


与えられた課題について考える練習と、あと
その答えをお絵かきで表現することができる、という点に惹かれた。



ということで次の記事ではユーザー登録をするとどうなるかについて
書いていきたいと思います。


(本記事の画像すべて「C-team」よりお借りしています)
[PR]
by piyopiyokattie | 2009-04-17 12:36 | ニュース